クズネツォフЮ.Кузнецов


■ユーリー・クズネツォフ プロフィール
Кузнецов Юрий Михайлович
親日ロシア作家

1930年11月3日ロシア連邦ウラジーミル州ゴロホベツ市大工の家族として生まれる。
若くして困難な仕事と付き合うこととなる。 両親を手伝い、食べさせ、弟と妹達を育てた。
幼年時代に画家の才能を示した。
生まれた町で学校を卒業する 1947年中学校卒業後ウラジミールを出て画家職業訓練校で学んだ。
当時そこは絵画に関して素晴らしい教師が働いていた。
当時ウラジミールで働き住んでいた他のモスクワの画家達とスイチョフ、ザハロフ、プレオブラジェンスキー。
1950年学校卒業後、教授スイチョフの指導方針のもと修復工場で働いた。
村の神殿の壁画と素晴らしいイコンの絵画と知り合いになった。
緊迫した仕事は画家として鍛え上げた。
1955年ホドリスクの画家工場での緊張した仕事。 連邦全体と他の展示会のために、共和国の中に参加。
仕事の過程と学習は芸術団体と個人的にすべての国と外国を行った。
1961年ソ連画家同盟になる。
1962年モスクワ画家同盟になる。モスクワ画家同盟で働く。
仕事は国の片田舎の離れた所で画家の注文を行うことによって出張が密接にともなうものだった。
これらの旅行で彼は想像性と画家の本物の技能を蓄えた。
注文しながら彼はこの場所にやってきてであった人々のテキストを書きました。
彼はいつも描き、描かないことはなかった。 彼の人生は絵画なしにはありえない。
個展、グループ展、共和国、連邦全体の多くの量である創作の活動の結果である。
1965年トゥオrフィモーヴァ通りショールームで個展。 1967年ホドリスク、キーロフ通りショールームで個展。
1968年彼の家族、娘エレーナが生まれる。彼の生徒であり信望者でもある。 彼女は大変早くから描き始めた。
今、彼女は仲間の中で有名な父を満足している。
モスクワ画家同盟、国際画家同盟。
1978年、1983年モスクワで個展。
レニングラード大通ショールーム。
1982年モスクワで個展。バビロバ通りショールーム。
1993年、1994年、1996年ЦДКで個展の実現。 1994年日本の小樽市ロシア美術館で個展。
1997年ノブゴロドで個展。パクロフカ通りショールーム。
1998年ジェルジンスカヤで個展。クラエデベチェスキー美術館で個展。
2000年モスクワで個展。トゥビョルスカヤ ヤムスカヤ通り画家コンビナートショールーム。
2001年モスクワで個展。国際画家基金ショールーム。 2005年アートサロンЦДК個展参加。
彼の絵画は彼の作品は広範囲で保存されている。
絵画は我々の前に風景画、肖像画、静物画、ジャンルと哲学的な作品を紹介している。
人々はユーリ・ミハイロビッチの展覧会を訪れながら町の生活と田舎風の都市の生活を伴った知り合いである。 現在モスクワ画家同盟会員

2014/9/20 惜しまれつつ画家としての生涯を終えました。

■ユーリー・クズネツォフ ホームページ
———————————————————————————————————————
【作品】
■クズネツォフ作品2
■クズネツォフ作品1

【個展、アトリエなど】
■ユーリー・クズネツォフ ゴロホベツ 個展
■2012/3/31花、ロバ 2作品
■2011年7月30日ゴロホベツ展示会
■ダーチャ
■2010/1/26個展
■2010/1/26会場風景